写真集 meta/喜多村みか

よしむらひらく、高橋恭平のアーティスト写真、「67年のラブソング」「CELEBRATION」のジャケット撮影などもしてくださっている写真家・喜多村みかさんの写真集を入荷しました!

-

2017年の写真展「meta」からの写真集で、ポートレイト作品のみで構成されています。私も被写体のうちの一人になっているのですが、作品全体で統一された構図のなかに自分の顔を見つけるのはとても新鮮な、捉えどころのない気分になることで、ほかのすべての写真を撮ったときの状況、被写体のみなさん一人一人と喜多村さんとの関係性について、様々に想像を掻き立てられる、幸せな体験でした。もちろんそんなことはどれだけ頑張って考えても答には辿り着かない。はっきりした答の存在しない考え事に時間を割くのを許されるということの嬉しさを改めて知ることができたように思います。
ーよしむらひらく

-

サイズ:185 mm x 197 mm

-

100年後、ここに写っている人たちはもういない。もちろん、私もいない。
触知できない何かを感じられることが、写真の、とくに人が写っている写真の力でもあると思っている。写っているはずのない、入り交じった思いや、そこにあったかもしれない物語(あるいはそんなものはない)、残したいというノスタルジックな願い。これらを探してしまうとき、私はなんとも言えない気持ちに襲われて、なにか霊的な力すら感じることがある。そういった、写真の映画的な部分が私は好きだ けれど、本当はそうしたものは写っていないとも思っているし、ましてやそのことを証明したいとはこれ まであまり考えてこなかった。
蚤の市で目にするような100年前の誰かのポートレイト写真が魅力的であるいちばんの理由は(これまで重々語られている通り)被写体がすでにこの世にいないことだ。だとしたら、私が撮った写真も半ば自動的にその魅力を帯びていくのだろうか。そこに写っているものを超えて、ロラン・バルトの言葉を借りるならば「手に負えないもの」(ロラン・バルト『明るい部屋 写真についての覚書』花輪光 訳, みすず書房)たちが熟していくこともあるだろうか 。
つまりこれは、私やここに写っている人たちがこの世からいなくなったとき、誰かに見つめられ、そのとき何を感じさせることが出来るのかを問う、わたしの密かな実験でもある。確かめる術こそないけれど。
– 写真展「meta」ステートメントより

-

プロフィール

喜多村 みか きたむら・みか

1982 福岡県生まれ
2007 東京工芸大学大学院芸術学研究科メディアアート専攻写真領域修了 在学中より活動を開始。以来、国内外で展示多数。
2013年には初の写真集となる『Einmal ist Keinmal』をテルメブックスより出版(序文:飯沢耕太郎)
現在は東京を中心に制作を続けている。

受賞歴
2004 ニコンJuna21入賞・2006 キヤノン写真新世紀優秀賞受賞(渡邊有紀との共作)

主な展示歴

個展:
-「DEEP POOL GUIDE」百年(東京, 2014)
-「Einmal ist Keinmal / my small fib」THERME GALLERY(東京, 2013)、ブックスキューブリック(福岡, 2013)、prinz(京都, 2013)
-「mika kitamura photo exhibition」渋谷西武美術画廊(東京, 2011) -「Einmal ist Keinmal」新宿・大阪ニコンサロン(東京, 2005)

グループ展:
-「削ぎ落とす」アノニムギャラリー(長野, 2014)
-「SPACE CADET Actual Exhibition #2」ターナーギャラリー(東京, 2013)
-「The Color of Future~たぐりよせるまなざし」ターナーギャラリー(東京, 2011) -「老人と海」曽根崎アキノリ+喜多村みか, 新宿プロムナードギャラリー(東京, 2011) -「aspect」赤羽佑樹+喜多村みか, STUDIO annex(東京, 2011) -「コミュニケーション展」明るい部屋(東京, 2010)
-「TWO SIGHTS PAST」GALLERY at lammfromm(東京, 2009) -「ヘルシンキビエンナーレ」(フィンランド, 2008)
-「TWO SIGHTS PAST」LUMEN GALLERY(ブダペスト, ハンガリー , 2008)
-「キヤノン写真新世紀」東京都写真美術館(東京)、せんだいメディアテーク(宮城)、福岡アジア美術館(福岡)、OAPアートコート(大阪) ほか多数

¥ 1,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料400円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。